岡田 裕子

岡田 裕子 おかだ ゆうこ

早稲田大学大学院法務研究科(法科大学院)教授、臨床心理士

岡田 裕子

経歴等
東京大学法学部卒業
1992年  司法修習生(46期)
1994年  東京弁護士会登録、松尾綜合法律事務所に勤務
2000年  東京大学教育学部教育心理学コース卒業
2009年  上智大学大学院博士前期課程にて心理学修士号取得
2010年  臨床心理資格を取得、単科精神病院、精神科クリニック、
      学生相談室などに勤務
      早稲田大学非常勤講師(家事ジェンダークリニック)
2016年   上智大学大学院博士後期課程満期退学(心理学専攻)
2017年   東京弁護士会退会
現在   早稲田大学臨床法学教育研究所招聘研究員、上智大学非常勤講師、
     きしろ心理相談室、神楽坂ストレスクリニック
主要著書・論文等
著書:「新版・心の専門家が出会う法律」(共著、2016年 誠信書房)
   「現代法律実務の諸問題」(共著、2017年 第一法規)
   「難しい依頼者と出会った法律家へ-パーソナリティ障害の理解と支援」
   (2018年 日本加除出版)

論文:「法科大学院による選択型実務修習プログラム-臨床法学教育に
    臨床心理学・精神医学の知見を導入する試み」
   (法曹養成と臨床教育5, 2012年)
   「困難依頼者への対応法の教育実践報告-臨床心理学・精神医学の知見の
    有効性について」
   (法曹養成と臨床教育9, 2016年)
主な研究/実務テーマ
   法曹養成教育における心理学的知見の活用
   心理職に対する法学教育
   精神分析的心理療法