小島 秀一

小島 秀一 おじま しゅういち

弁護士(東京弁護士会)

小島 秀一

経歴等
1977年 兵庫県篠山市・神奈川県横須賀市出身
1996年 私立浅野高校 卒業
2001年 早稲田大学 法学部 卒業
2006年 早稲田大学大学院 法務研究科 修了
2008年 弁護士登録(東京弁護士会)
     早稲田大学大学院 法務研究科 アカデミック・アドバイザー
2009年 日本弁護士連合会 司法改革調査室嘱託
     国会議員政策担当秘書(仙谷由人元内閣官房長官)
2010年 稲門法曹会 事務局幹事・理事
2012年 「ストップいじめ!ナビ」立ち上げ(現NPO法人・理事)
2013年 当事務所入所
     早稲田大学 臨床法学教育研究所 招聘研究員
2015年 早稲田大学 法務教育研究センター 助手
2017年 早稲田大学 女性法曹輩出促進プロジェクト(FLP)事務局
2018年 早稲田大学大学院 法務研究科 非常勤講師
2020年 一般社団法人法曹養成ネットワーク 理事
2021年 茅ヶ崎市いじめ防止対策調査会 副会長
     臨床法学教育学会 理事
主な研究/実務テーマ
中小企業法務、学校法務、いじめ問題(いじめ重大事態調査員会委員等)、大学・企業の懲戒事案等の調査、労働、相続、交通事故、政治関連事件(公職選挙法等)、離婚、その他一般民事

【学校法務・いじめ問題関連の活動】
・NPO法人「ストップいじめ!ナビ」理事
(代表:荻上チキ、http://stopijime.org/http://stopijime.jp/)。
・日本スクールコンプライアンス学会会員
・東京弁護士会子供の権利委員会委員

政策提言活動、自治体チェックリスト(http://stopijime.jp/check2015)、
マスコミ勉強会、中学高校でのいじめ予防授業・講演・教員研修、教職課程学部生向け講演、スクールカウンセラー向け講演、学校運営協議会委員、学校いじめ対策委員会委員、重大事態調査委員会委員、東京弁護士会学校問題ADR講師等)

【著書・寄稿等】
『こんなときどうする? 選挙運動150問150答』(ミネルヴァ書房・2020年11月)(分担執筆)
『スクールロイヤーにできること』(日本評論社・2019年2月)(共著)
『学生のための法律ハンドブック』(成文堂・2018年4月)(分担執筆)
『Q&A 弁護士のための面会交流ハンドブック』(学陽書房・2018年2月)(分担執筆)
『いじめ防止対策推進法・施行後3年の課題』
(朝日新聞WEBRONZA・2016年12月)
『いじめは許されない、ではいじめとは何か』
(朝日新聞WEBRONZA・2017年2月)
『教員がいじめを抱え込まないために -情報共有のために国・自治体・学校がすべきこと、教員が知っておきたいこと-』
(明治図書・教育オピニオン・2017年11月)等