白木 敦士

白木 敦士 しらき あつし

第一東京弁護士会所属

白木 敦士

経歴等
愛知県立旭丘高等学校卒業
2009年          早稲田大学法学部卒業(3年次飛級卒業)
2011年          早稲田大学大学院法務研究科修了(法務博士(専門職))
2012年          弁護士登録
2013年          外国人ローヤリングネットワーク事務局(現職)
2013年          早稲田大学大学院法務研究科アカデミック・アドバイザー(現職)
2014年          早稲田大学臨床法学研究所・招聘研究員(現職)
2014年          早稲田大学法学部学習相談員
2016年          早稲田大学法務教育センター「法律基礎講座」講師(現職)
2016年          早稲田大学大学院法務研究科J.D.メンター
2017年          早稲田大学大学院法務研究科・非常勤講師(Civil Law in Japan)
2018年          Lee Wong & Co., Solicitors (Hong Kong),Parkside Chambers
                     (Hong Kong)にて研修
2018年          東京通信大学・非常勤講師(日本国憲法)
主な研究/実務テーマ
民事弁護、家事事件(国際相続、国際離婚、ハーグ条約事案を含む)、中小企業法務、破産、労働、不動産関係、非公人著名人(文化人等)のプライバシー権侵害
論文/著書等
■近江幸治、弘中惇一郎編『学生のための法律ハンドブック』(成文堂,2018)
■梶村太市ら編『面会交流ハンドブック』(学陽書房,2018)
■「臨床法学教育の価値を問う」法曹養成と臨床教育No.10 144-156(2018)
■「現代アメリカにおける法律家のプロフェッショナリズムとグローバル化―2016年アメリカ法科大学院協会年次大会参加報告」法曹養成と臨床教育No.9 1-19頁(2017) 
■大谷美紀子監修「LNFフィリピン法調査プロジェクト報告書 フィリピンにおける外国離婚判決の承認および婚姻無効・取消しについて」(外国人ローヤリングネットワーク,2016)
■「ニューヨークにおける新しいプロボノ活動の取り組み」賃金と社会保障1678号44-48頁(2017)
■『2017年版 司法試験 年度別過去問題集1 公法系』5-187頁(株式会社早稲田経営出版,2017)
■『2016年版 司法試験 年度別過去問題集1 公法系』5-187頁(株式会社早稲田経営出版,2016)
■『2015年版 司法試験 年度別過去問題集1 公法系』5-98頁(株式会社早稲田経営出版,2015)
学会報告/講演等
■2018.4.25
Carol.M Suzuki 教授(School of Law, University of New Mexico)「ソーシャル・イノベーターとしての アメリカのロースクール ー 臨床法学教育の挑戦 ー」で通訳を務める。
■2017.12 .10
「早稲田大学・カリフォルニア大学バークレー校・法専門職教育シンポジウム」The Fourth Waseda and UC-Berkeley Joint Conference on Professional Legal Educationにおいて、“Challenges of the Law School-affiliated Law Firm and the Social Justice Mission”のテーマで報告・発表を行う。
■2017.4.23
臨床法学教育学会年次大会において、「臨床法学教育の価値を問う」のテーマで報告・発表(共同)を行う。
所属学会・研究会
日米法学会
信託法学会
アメリカ法判例研究会
臨床法学教育学会
全国証券問題研究会