お知らせ / セミナー セミナー記事一覧

◆セミナー案内◆11月9日【経営コンサル】公益通報者保護法の改正と内部通報制度の整備・運用具体策【会場 ・WEB受講(10日間解放)が選択可能】

2021/02/12

今や、内部統制整備・コンプライアンス強化、不祥事防止のかなめ



【開催日時】  2021年11月9日(火)   午後1時30分~午後4時30分

【会      場】  港区立商工会館会議室 東京都港区海岸1-4-28


【参加費用】 1名につき33,000円 (資料代・税込)

【支払方法】  申込受付後、参加証・会場図・視聴用URL等と併せて請求書を送付いたします

【WEB受講】   開催終了後、一両日中に視聴用URLをお送りいたします


【重点講義内容】

内部通報制度を整備・運用することは、不祥事防止やコンプライアンス経営の推進に役立ち、内部統制整備、企業価値向上への重要な意義を有する。内部通報制度のより一層の整備・運用の具体策を検討する。


Ⅰ 内部通報制度の目的

Ⅱ 公益通報者保護法の趣旨と内容
1 公益通報者保護法の概要
2 公益通報者保護法の意義と狙い
3 内部通報制度の状況
4 「公益通報者保護制度の実効性の向上に関する検討会」の動向5 公益通報保護法に基づく検討会報告書(令和3年4月)の注目ポイント

Ⅲ 民間事業者向けガイドラインの趣旨と内容
1 消費者庁 「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の
整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン」(平成28年12月9日)
2 内部通報制度推進に向けた動き

Ⅳ 内部通報制度の制度設計上の諸問題
コンプライアンス経営のための内部通報制度の構築と活用方法
1 内部通報制度の基本的考え方
2 内部通報制度を機能させるための工夫と着眼点

Ⅴ 運営上の諸問題
1 利益相反問題
2 通報があった場合の調査方法
3 コンプライアンス・プログラム全体の中の位置付けと体制整備
4 調査後のフィードバックと事後対応の留意点
5 内部通報制度の検証と改善の必要性

Ⅵ 内部通報で問題となりやすい領域における対応の具体例

Ⅶ 質疑応答、名刺交換
内部通報等の適正な処理の仕組みに関する必要事項を定めた

<規程例>企業倫理ヘルプラインに関する規程(案)も配布


【詳細・お申込みはこちらから】

セミナー詳細 https://www.sul.co.jp/public

s/index/544/

【講 師】浜辺陽一郎

青山学院大学法務研究科(法科大学院)教授

弁護士法人 早稲田大学リーガル・クリニック 弁護士